【那覇・ランチブッフェ】沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

沖縄県那覇市のとまりん(泊港)にあるホテル「沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ」。この中に、和洋中のランチバイキングが楽しめるレストラン「TEH DINING 暖琉満菜」があります!今回はこのレストランのランチブッフェをご紹介します。

スポンサーリンク

「THE DINING 暖琉満菜」基本情報

●住所 〒900-0016 沖縄県那覇市前島3-25-1 沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ 8F

●アクセス

【車】那覇空港から約15分

【ゆいレール】「那覇空港駅」⇒「美栄橋駅」(乗車時間14分)/美栄橋駅から徒歩約10分(約700m)

【バス】バス停「泊高橋」から徒歩約1分

※バスの乗換案内などはバスなび沖縄で検索できます。

【徒歩】国際通り松尾交差点(国際通りのほぼ真ん中)から約17分(約1.3km)

●駐車場 あり(ホテル隣接/宿泊の場合は1泊¥1500、レストランのみ利用の場合は駐車券提示で優待あり)

●ランチブッフェ営業時間 11:30~14:00

●ランチブッフェ料金 

◇平日 大人…¥1900 小人(6~12歳)…¥1050 幼児(4~5歳)…¥500

◇土・日・祝日 大人…¥2100 小人(6~12歳)…¥1050 幼児(4~5歳)…¥500

※価格は税込みです。

●席数 レストランフロア…225席 テラス…62席

●お問い合わせ 098-860-2111

暖琉満菜公式サイトはこちら

ランチブッフェに行った感想

今回は2018年8月の中旬の暖琉満菜ランチブッフェに行きました。お盆期間ということもあってか店内は込み合っていて40分ほど待つことに。待っている間にジュースをくれたりと対応が良かったです。

順番が来て店内に。窓側の席に案内してもらえました。この日はかなりの大雨だったのですが、窓からは泊港が一望できるので晴れていたらきれいな景色が見えます。

店内は観葉植物が多く置かれていて少しジャングルのような雰囲気もあります。

このレストランは通常のレストランフロアの他にテラス席もあるので、晴れていればテラス席に案内されることもあります。以前テラス席を利用したことがありますが、テラス席にもたくさんの観葉植物があって南国っぽい雰囲気になっていました。テラス席と言っても、完全な屋外ではなく屋根があり、壁の前面に張られたガラスの一部が開いているような感じです。

肝心の料理ですが、和洋中の料理55種、スイーツ34種、ドリンク21種となっています。

この日の料理はステーキに天ぷら、エビチリ、炙りソーキ、パインミー、牛肉煮、春巻き、カルボナーラ、ピラフなどなどで、全体的に中華よりの料理がちょっと多いかなと感じました。

ブッフェはサラダコーナーに料理が並んでいるカウンターが2列、ドリンクコーナー、パンコーナー、デザートコーナーといった感じに分かれていました。

また、一角が料理人さんが目の前で作ってくれる屋台のようなスペースになっていて、この日は天ぷら、韓国冷麺、挽肉ときのこの玉子とじの3品でした。ステーキも目の前で焼いています。

天ぷらは一部作り置きしていたのか、冷めたものと出来立ての温かいものが混ざっていましたがおいしかったです。

全体的にハズレがなく、どれもおいしく頂けました。

クロワッサンもふわふわで黒糖バターを付けるとよりおいしく頂けます。ジャムもマンゴージャムやパインジャムなど沖縄らしいものがありました。

ランチブッフェのテーマが月ごとに決まっていて、その中でも10日ごとにちょっとずつメニューが変わっているようです。テーマやメニューは公式サイトで見ることが出来ます。

ドリンクは通常のウーロン茶やアイスティーなどに加えて、ハイビスカスティーやマンゴージュース、シークァーサージュースなど沖縄らしいものがありました。ジュースは日替わりになっているそうです。ホットドリンクもアメリカンコーヒーにエスプレッソ、紅茶など一通りそろっています。

デザートの種類も豊富で、一口サイズの梅レアチーズ、ティラミス、マカロン、マドレーヌ、コーヒーロール、マンゴープリンなどなどがありました。また、マンゴーベイクドチーズ、ドラゴンフルーツベイクドチーズ、ココナッツムッチ、自分で作る沖縄ぜんざいなど沖縄らしいスイーツもたくさんありました。

デザートコーナーにもスタッフの方がパフェを作ってくれるコーナーがあり、3種類の中から好きなアイスを選んでマンゴーパフェを作ってもらいました。

マンゴーパフェにはザクザクした砕いたクッキーとマンゴーソース、アイス、生クリームが小さなカップに盛られています。アイスだけでももらえたので、季節限定のピーチグレープアイスもお願いしました。この季節限定アイスがさっぱりしていて食後にピッタリでした。

ランチブッフェが14時までなので、14時になると並んでいる料理、ドリンク、デザートがすべて下げられてしまいますが、14時少し前にスタッフさんが各テーブルに声をかけて回ってくれるので、食べたりない時は下げられる前に取っておけばその後も食べられます。

スポンサーリンク

予約もできる!

暖琉満菜のランチブッフェは電話または公式サイトで予約をすることが出来ます。

公式サイトでは、窓際確約のブッフェ+1品やお土産付きのプランなどが載っています。プラスアルファの分料金は高くなってしまいますが…。

通常のブッフェのみでも予約できるので、予定が決まっているときは予約しておくと安心です。今回みたいに満席で行ってから待つと、席に着けるのは13時頃になってしまう可能性もあります。

ホテルのランチブッフェとしてはそこまで料金も高くないと思います。とまりんの目の前のホテル内なので離島に行く前や離島から帰ってきた後のランチにも良いですね!

※記載している情報は変更になっている可能性がございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする