CMでおなじみのホテル【Mr.KINJO】に泊まってみた!

スポンサーリンク

 沖縄のTVを見ていると「泊ればわかーるMr.KINJO~♪ハイハイハイハイハイ!」というメロディーと一緒におじさんが3人踊っていたり、「私が社長です!」と言って女性社長が出てきたりするCMを目にすると思います。

これはホテル「Mr.KINJO」のCMです。Mr.KINJOは沖縄本島に29店舗、南は糸満から北は本部まであります(2018年8月現在)。今回はMr.KINJOの中でも最北端にある「Mr.KINJO in MOTOBU」に泊まってみました。

予約する

Mr.KINJOの予約は公式サイトの他、じゃらん、booking.com、楽天トラベルなどのネットからもできますし、予約センターに電話することでもできます。

今回はMr.KINJOの公式サイトから予約しました。公式サイトの予約ページで泊まりたい店舗やチェックイン日、泊数、利用人数などを入れて検索します。店舗ではなく、本島南部、中部、北部といった地域での指定も可能です。

Mr.KINJO in MOTOBUで絞り込むと、家電付きオーシャンビュールームと家電付きダブルルームの2タイプの部屋が出てきます(オーシャンビュールームもベッドはダブルです)。オーシャンビュールームの方がダブルルームより1000円ちょっと値段が高いです。また、チェックイン時間によっても料金が変わっていて、15時からチェックイン、18時からチェックイン、21時からチェックインの3通りから選べます。時間が遅くなるほど料金は安くなり、それぞれ約500円ほど値段が変わります。遅くにチェックイン予定の時はお得に泊まれますね。

値段の隣には残りの空室数も表示されるので、迷っているときなどは便利ですね。

日にちによって値段は変動があるかと思いますが、今回はダブルルームの1泊二人利用で¥7020でした。一人利用と二人利用では料金は変わらないようです。

店舗によって料金や部屋のタイプなどは違います。基本的にはダブルルームが多いみたいですが、ツインルームやバリアフリールームがある店舗もありましたし、朝食付きプランやVOD見放題プランなどが選べるところもありました。

今回予約した「Mr.KINJO in MOTOBU」はMr.KINJOの中では比較的値段が高いようで、同じ条件で検索してみると、遅い時間のチェックインで4000円代の店舗もありました。

Mr.KINJO

公式サイトはこちら

予約センター 098-943-1431

スポンサーリンク

Mr.KINJO in MOTOBUに泊まってみた!

Mr.KINJO in MOTOBUは瀬底島の近くの海沿いにあります。ホテルの目の前は海です。周辺にはサンエーなどのスーパーや飲食店もあるので便利です。

車を泊めてフロントへと向かいます。駐車場は先着順で1泊¥1000です。

フロントで宿泊カードを記入し支払いを済ませると、ホテル内への行き方、チェックアウトの時は鍵をポストに返すこと、駐車券を車のフロントガラスから見えるように置く等の案内がありました。フロントからは直接部屋へはつながっていなくて、一度外に出て裏口のようなところのカギを開けてホテル内へ入ります。エレベーターで上に上がると、よくあるマンションのような感じでした。

部屋のドアもマンションのドアのようで、オートロックなどの機能はありません。鍵を開けて中に入ると、まさにワンルームマンションの部屋でした。

玄関横にはポールにハンガーがいくつか用意されていて、嬉しいことにファブリーズもあります。スリッパも用意されています。

室内に入るとまず目に入るのは小さなキッチンです。IHコンロと流しがあり、2ドアの冷蔵庫、電子レンジもしっかりあります。食器はコップが2つだけ置かれています。鍋や包丁、お皿などの食器セットは1泊¥1000で借りることができるそうです。また、炊飯器のレンタルもありました。長期滞在で自炊したいときにはありがたいですね。

 

洗面台がリビングのテレビと同じ台にあるのは少しびっくりしましたが、よくユニットバスにあるような小さな洗面台よりは使いやすいかなと思います。ドライヤーや歯磨き用のコップ、POLAのハンドソープ兼洗顔用の石鹸も用意されています。

 

リビングの家具はカウンターテーブルの椅子と丸テーブルに椅子が2つ、ダブルベッドです。もちろんエアコンも付いています。二人で泊まる分には十分な広さだと思います。

ただ、コンセントが洗面台の近くにしかなかったので、ベッドやテーブルの近くにあったらよかったのになと思いました。延長コードはレンタルできるようでした。

Wi-Fiも完備されているので、パスワードを入力することで使えます。1部屋ごとに設置されているので、速度なども問題なく快適に使えました。

 

浴室とトイレは一応別になっていて、トイレに入った先にもドアがありその向こうが浴室というつくりでした。トイレの横には洗濯機が置いてあるので、いつでも洗濯することが出来ます。洗剤は1個¥50でフロントで買うこともできます。浴室には浴室乾燥もついています。

浴室はシャワーを浴びるスペースと湯舟でけっこう広いです。POLAのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープが置いていました。POLAなのが嬉しいですね。自分の家のお風呂のようにくつろげます。

ベランダにも出ることが出来ます。今回はオーシャンビューではないですが、オーシャンビューの部屋を予約していたらきれいな海をベランダから一望できたと思います。

アメニティも基本的なものはそろっていて、歯ブラシ、かみそり、ボディスポンジ、コットン、ヘアゴム、綿棒、クシがありました。

チェックアウトは朝10時なので少し早めです。1時間¥1000で延長もできるそうです。チェックアウトの時は特にスタッフとのやりとりはなく、カギを指定されたポストに入れたら終わりです。

泊まってみた感想としては、まさに「一人暮らしの部屋」です。落ち着いた色のフローリング、カーテン、家具でまとめられていて、壁には間接照明がおしゃれな感じでありました。逆にホテルに必ずと言っていいほどある内線電話はありません。今回のMr.KINJO in MOTOBUはまだ新しいのかとてもきれいでいたし、清掃も行き届いていました。

必要な家具は一通りそろっているので1泊でも長期でも利用できます。長期利用の際に気を付けたいのが清掃が有料になる所です。シーツ交換¥1000、清掃¥1000なので毎日掃除してもらいたいという方には向かないかもしれません。掃除機の無料貸し出しをしている店舗もあります。タオルの交換は1日1セットまでは無料でしてもらえるそうです。

短期で宿泊のホテルとしても、長期で宿泊の家としても快適に泊まれるMr.KINJO。旅行でも仕事でも役立ちそうです。値段もお手頃で泊まれるので、沖縄で宿泊先を探す時には候補に入れてみてください!

※記載している情報は変更になっている可能性がございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする