沖縄限定!沖縄に来たら飲んでみたい!?ご当地飲み物!

沖縄で飲み物といえばさんぴん茶が有名ですよね。でも、沖縄ではさんぴん茶だけではなく、他県では見ない飲み物がいろいろ売られているんです。おいしそうなものから、ちょっと飲むのをためらってしまいそうなものまで、沖縄の飲み物をご紹介します。

スポンサーリンク

さんぴん茶

まずはポピュラーなさんぴん茶から。沖縄ではいろいろなメーカーからさんぴん茶が販売されています。缶、ペットボトル、紙パックから茶葉、煮出しパックまで販売形態もいろいろです。コンビニ、スーパー、自動販売機どこを見ても沖縄でさんぴん茶を置いていないところはほぼないでしょう。飲食店でも出てくるお茶がさんぴん茶だったりもします。

さんぴん茶とはジャスミン茶の一種で、中国から沖縄に伝わったときに中国語でジャスミン茶を意味する「香片茶(シャンピェンツァ)」が訛って「さんぴん茶」と呼ばれるようになったと言われています。そもそもジャスミン茶とは、緑茶などのお茶にジャスミンの香りを付けたものだそうです。初めて知りました!

そんな沖縄のさんぴん茶ですが、リフレッシュ効果やリラックス効果、ダイエット効果もあるそうです。

商品によって味がちょっと違うので、飲み比べてみるのもいいですね。

バヤリース

バヤリースといえば日本全国どこでも売っているかと思いますが、沖縄で販売されているバヤリースはアサヒオリオン飲料株式会社から発売されている沖縄バヤリースで、他県で販売されているものとは別会社です。

今回はバヤリースシークワーサーを飲んでみました。シークワーサーといえば酸っぱいイメージがあるかと思いますが、バヤリースシークワーサーは、ほんのり酸っぱさはありますが、甘さが強く飲みやすいジュースです。

沖縄バヤリースには、シークワーサー、オレンジの他にもマンゴー、グァバ、パインといった沖縄らしい味があります。

ところで沖縄でも売られているバヤリースオレンジですが、他県のバヤリースオレンジとは味が違うそうです。バヤリースはアメリカの会社で、1950年頃日本でバヤリースが発売されるときに沖縄はアメリカからオレンジ濃縮ベースがそのまま供給されたのに対し、沖縄以外の日本ではオレンジが輸入制限品目に引っ掛かり、日本独自のオレンジ味を作り出したそうです。そのため、今でも沖縄と他県のバヤリースオレンジは味が違っているのですね。バヤリースにこんな歴史があったのですね。

沖縄バヤリースは沖縄県内の自動販売機、スーパーでよく見かけます。ペットボトル、缶どちらもあります。

沖縄らしいシークワーサーなどのバヤリースを味わうのもよし、オレンジの味比べをしてみるのもよし!沖縄に来たらバヤリースもぜひ飲んでみてください。

沖縄バヤリースホームページはこちら

琉球コーラ

コーラといえば、コカ・コーラやペプシコーラが有名ですが、沖縄には琉球コーラというコーラがあります。

沖縄ボトラーズ株式会社という会社がつくっています。こちらの会社ホームページがない様なのであまり大きい会社ではないのかな?シーサーのロゴが目印です。

琉球コーラを飲んでみると、コカ・コーラより炭酸が強めで、甘さは少し控えめな感じでした。個人的には嫌いではないです。

主に自動販売機でペットボトルのものをよく見かけます。逆にスーパーやコンビニではあまり見かけないような気がします。安い自動販売機だと¥100で売っています。その他の自動販売機でも¥120くらいで買えるところが多いです。

好き嫌いは好みがあるかと思いますが、琉球コーラというくらいですので、沖縄に来たらぜひ1度飲んでみてはいかがでしょうか。

アメリカンクリームソーダ

こちらも琉球コーラと同じ沖縄ボトラーズの商品です。

クリームソーダというと緑色の甘い炭酸飲料を想像しますが、こちらのクリームソーダはなんと茶色です。ちょっと飲むのをためらってしまいましたが、飲んでみると味はアイスが溶けた後のクリームソーダでした。あまり炭酸は強くなくかなり甘いです。

ちなみにアメリカのクリームソーダがどんなものか調べてみたところ、日本のように緑のメロンソーダにアイスが乗っているものではなく、色も赤やピンクなどカラフルでなんでもありの様で、シロップやクリームでなどで甘くした炭酸水の事をクリームソーダと言うそうです。ルートビアやコーラにクリームを溶かす場合もある様です。

このアメリカンクリームソーダの名前の由来は不明ですが、ルートビアやコーラを使ったアメリカのクリームソーダから名づけたのでしょうか?

このアメリカンクリームソーダも自動販売機でよく見かけます。琉球コーラやアメリカンクリームソーダなど独特な商品を出している沖縄ボトラーズですが、普通のシークワーサージュースなども販売しています。

スポンサーリンク

ルートビア

ルートビアとは、アメリカ発祥のもので、桜やバニラの樹皮、糖蜜、ナツメグ、植物の根など、いろいろなものを混ぜて作られる飲み物です。湿布や咳止めの効果もあるそうで、アメリカでは薬としても使われているようです。名前にビアと付きますが、アルコールは入っていないです。

このルートビア、アメリカではいろいろなメーカーがあるようですが、沖縄ではA&Wのルートビアをよく目にします。A&Wとはアメリカ発祥のファストフード店で、沖縄県内にたくさん店舗があり、沖縄県民には「エンダー」と呼ばれ親しまれています。A&Wのお店ではもちろん、スーパーなどでもA&Wのルートビアが販売されています。沖縄でルートビアが多く販売されているのは、アメリカに占領されていた歴史の影響だそうです。

巷では「飲むサロンパス」ともいわれているルートビア、体にはよさそうですが、味はどうでしょうか?初めて飲んでみました!

缶を開けるとかなりきつめの湿布のにおいがします。とても飲み物のにおいとは思えません。笑

色はコーラのような茶色です。一口飲んでみると、炭酸はかなり弱く、甘いです。においさえなければあまり癖のない味のような気もしますが、においが強すぎて味がもう分かりません。後味は少しのどに引っ掛かる感があります。

かなり好き嫌いの別れる飲み物だと思いますが、沖縄では健康に良いと定番の飲み物ですので、1度は挑戦してみてはいかがでしょうか。ちなみにあのスヌーピーもルートビアが好物だそうです!

今回は、他県では見かけない沖縄の飲み物をご紹介しました。沖縄の歴史に関係するものもありましたね。沖縄以外では、ネット通販やアンテナショップなどでしか買えないものも多いと思いますので、ぜひ機会があったら飲んでみてください!今回ご紹介した以外にも、いろいろ沖縄独特の飲み物がありますので、お気に入りの1杯を探してみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする