灯台から見る絶景!断崖絶壁の「残波岬」

沖縄県読谷村にある残波岬。ここでは灯台から見る絶景や、崖に打ち付ける波を見ることができます。沖縄本島の最西端に位置する残波岬は、沖縄で一番最後に夕日が沈む場所としても有名です。

スポンサーリンク

残波岬基本情報

◆残波岬いこいの広場◆

●住所 読谷村字宇座1861番地

●アクセス
【車】那覇空港から約1時間10分、国際通りから約1時間
【バス】沖縄バス空港リムジンバス 那覇空港(国内線・国際線)・那覇バスターミナル(最寄駅/旭橋駅)から乗車、沖縄残波岬ロイヤルホテル下車徒歩10分
バスの本数は少ないので事前に時刻表を確認したほうが良いです。
沖縄バス空港リムジンバスホームページはこちら
 
●問い合わせ
残波岬リゾートアクティビティパーク(098-958-0038)
残波岬リゾートアクティビティパークサイトはこちら
読谷村役場都市計画課(098-982-9220)
読谷村観光協会サイトはこちら
 
●駐車場 あり(無料)
 
◆残波岬灯台◆
●参観時間 5~9月/9:30~16:30 10月~4月/9:00~16:00
●参観料 ¥200(中学生以上)
●公益社団法人燈光会サイトはこちら

残波岬で遊ぶ

残波岬を散策!

残波岬に到着すると、白い残波岬灯台と青い海、そして岩に生えるきれいな緑が目に飛び込んできます。

残波岬の周りは公園として整備されていて、歩道もありますが、砂利や岩でデコボコしている部分もあるので、歩くときは歩きやすい靴がお勧めです。

こんな獣道のようなところもあります。

草の中を歩いて岩を登っていくと崖の淵まで行けます。そこからきれいな海を見下ろすこともできます。崖の高さは約30mあるそうです。

岩に柵などは一切ないので、端のほうに行くときは落ちないように気を付けてください。

崖の上に立つと心地よい海風が吹いています。この日は波が穏やかでした。

 

残波岬灯台にのぼる!

残波岬灯台は日本でも数少ない登ることのできる灯台です。

ということで、登ってみました。

地上から灯台のてっぺんまで31mあるそうです。

入口でチケットを買い、中に入ると、かなり急な階段があります。その階段をぐるぐる回りながら登っていきます。思ったより大変でした。普段運動してない私にはかなりの重労働です。途中には、「まだ半分も行ってないよ」「ここで半分!」というようなことが書いてある張り紙があり、汗だくになりながら上っていきます。

ちなみに数えてみたら階段は99段ありました。

そして最後にほぼ垂直の階段を登りきると、小さい出口があります。

出口をくぐって灯台の外に出ると、絶景と心地よい海風が待っていました。

地上よりも風が強く、階段を上った後は気持ちいいです。

人がすれ違うのがやっとなくらいの通路が灯台の周りをぐるっと1周しています。

360度景色を見渡すことが出来ます。

海や崖、島などどの方向を見てもきれいな景色です。

 

 

いつまででも見ていられるような気がします。

灯台の1階部分にはちょっとした資料展示室もあります。

スポンサーリンク

残波岬の後は残波ビーチにも!

残波岬のすぐ近くには残波ビーチがあります。

残波岬に寄った後はビーチでのんびりするのもいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする